NFT

NFTってなに?【あなたの身近にもNFTあり!】

2022年6月28日

NFTとは?アイキャッチ画像

こんにちは。ゆりはです。

最近よく耳にするNFT。

ひよ

聞いたことはあるけど、よくわからないし、まだまだ先の未来の話なんじゃない?

そんな風に思っている方が多いのではないでしょうか?

実は、NFTはすでに身近な分野で活用され始めています!

今回はNFTについて分かりやすく、事例もご紹介しながら解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、NFTをグッと身近に感じることができますよ♪

\コインチェック公式サイトはこちら/

コインチェックの口座を開設する

NFTとは 【世界でたった一つのオリジナルの証明】

NFTとは、インターネット上にあるデータに対して『世界でたった1つのモノであることを証明する』ということ。

ブロックチェーンが可能にした、今までにない技術なんだよ

コロ 

【Non-Fungible-Token】の頭文字をとった言葉で、日本語で非代替性トークンといい、『他のなににも替えられない唯一のもの』という意味です。

どうしてNFTが注目されているの?

なぜ、NFTがこんなにも注目されているのでしょうか?

それは、NFTのおかげで、『世界でたった1つのデジタルデータという証明』が可能になったから。

デジタルデータとは(一例)

  • アート
  • 音楽
  • ゲーム内のキャラクターやアイテム

これまでのデジタルデータは、簡単にコピーができるため、唯一の所有者である証明ができなかったんです。

そのため『本物』と『ニセモノ』の区別がつかず、資産価値があるとは言えなかったんですね・・

そこを変えてくれたのが、NFTなんだ!

コロ 

デジタルデータをNFTにすると、『世界でたった1つのデジタルデータという証明』がされます。

例えば、メジャーリーガーの大谷翔平さんのサインボールを例に解説してみましょう。

大谷翔平さんのサインボール(鑑定済の本物)があるとします。

こちらは鑑定済みで、本物である証明がされているので、このサインをマネして書いたボール(コピー品・ニセモノ)が出回っても、本物の価値が下がることはありませんね。

FTについての説明
NFTについて説明

これをデジタルデータで可能にしたのが、ブロックチェーン技術を使ったNFTなんです。

NFTで安全に正しい取引が出来るようになる!

NFTのおかげで、安全で正しい取引が出来るようになります。

これまでは、価値があると言われているデジタルアートでも、それが本物である証明ができなかったので、ネット上で安心して取引することは難しかったですよね。

しかし、NFTのマーケットで取引すれば、100%本物である証明がされているので、アートや音楽・ゲームのキャラクターやアイテムに至るまで、個人間で安心・安全に取引できます。

また、ブロックチェーン技術のおかげで改ざんが出来ないので、デジタルデータの価値は守られます。

NFTはこんな所で使われているよ【アートだけじゃない】 

NFTと聞いて、まず思い浮かべるのは『アート』という方が多いのではないでしょうか?

実は、NFTはアート以外にもいろんな使われ方があるんですよ♪

ここでは、アートも含めていくつか事例をご紹介します。

NFTアート

NFTと言えばドット絵のアートを真っ先に思い浮かべる方もいるのではないでしょうか?

こちらは最も有名なNFTアートで『CryptoPunks』です。

2017年無料でリリースされ、イーサリアムのウォレットを持っている人なら誰でも入手することができました。

しかし現在では、高いものだと『数千万円』から『数億円』で取引されています。

日本のインフルエンサーである『イケハヤさん』や『マナブさん』は2021年に購入し、現在もSNSのアイコンに使用しています。

manabuのcryptopunks画像

そのほかにも、エイベックスの松浦勝人さんも所有しています。

NFTアートは、コレクションとして持っている方や、高額なNFTアートを持つことでステータスとして扱われるようにもなってきています。

NFTゲーム

NFTを持つことでゲームに参加し、お金も稼げるというもの。

例えば・・

  • Axie Infinity
  • DefiKingdoms
  • IsekaiBattle
  • STEPN

などが、NFTゲームにあたります。

DefiKingdomsのNFT
過去に保有していたDefiKingdomsのNFT
ゆりは

ちなみに私が会社員を卒業できたのは、DefiKingdomsのおかげなんです♪

こちらの、IsekaiBattleについては、いま勢いがあって今後の動きがとても楽しみなので、随時発信予定です!

IsekaiBattleの説明
IsekaiBattle

≫【NFTが30秒で完売】もう知ってる?IsekaiBattleの魅力 の記事はコチラから♪

あわせて読みたい

CNP(CryptoNinja Partners)

CryptoNinja PartnersのNFT
私が持っているNFT。ミタマちゃん(幽霊)

日本最大級DAO(コミュニティ)のNFTです。

現在、仮想通貨市場が下落相場なのに対して、価格がぐんぐん上がっていて、いま日本で1番勢いのあるNFTです!

こちらは、パスポートNFTという分類のNFT。

このNFTを持っているとコミュニティに参加できるので、『参加チケット』のような役割になります。

CNPは、もうすぐゲーム要素も加わる予定です。

ゆりは

わたしも1体だけ持っています!

CNPについても、今後活発に楽しそうな動きがあるので、随時発信します!

≫【まだ間に合う】はじめてのNFTはCNP(CryptoNinja Partners)で決まり! の記事はコチラから

あわせて読みたい

アートやゲーム以外にも活用

下記のように、さまざまな分野でNFTは活用されています。

  • Twitterの創業者ジャック・ドーシー氏のNFT化した初ツイートが、約291万$(約3億1千万円)で落札
  • 日本を代表する音楽家の坂本龍一さんの、映画「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲のメロディ595音を1音ずつ分けてNFT化したものを販売

上記以外にも、アイドルグループやスポーツ選手のトレカ・さまざまな権利をNFT化したりと多くの分野で活用の幅が広がっています。

メジャーリーガー大谷翔平のトレーディング画像
2022年1月 大谷翔平さんのNFTが10万ドルで取引されました・・!

NFTは投資目的で持っている人も

さまざまな活用法があるNFTですが、投資目的で持っている方もいます。

NFTは買ったあと転売して、うまくいけば安く買って・高く売るということが出来るんです。

ひよ

転売って、作者の人にお金が入らないから良くないんだよね・・?

NFTは転売されると作者もうれしい!?

NFTは転売すると、転売手数料の一部が作者に支払われる仕組みがあります。

手数料は何度転売されても支払われるので、転売されるほど作者には嬉しい仕組みになっているんですね。

転売でみんなハッピーなんて、新しい仕組みだね!!

コロ 

NFTはどこで買えるの? 

NFTは、NFTマーケットプレイスという、『NFTの専門店』で売ったり買ったりできます。

一番有名なマーケットプレイスは『OpenSea』で、多くのアイテムが取引されています。

さきほど例に上げた、CryptoPunksIsekaiBattleCNPも『OpenSea』で買うことができます。

NFTマーケットプレイスで売買するには、仮想通貨が必要!

NFTはブロックチェーン上に存在するので、それぞれのブロックチェーンに対応した仮想通貨が必要になります。

例えば『OpenSea』では、ETH(イーサリアム)が使われています。

NFTに興味があれば、まず仮想通貨を買ってみるところから始めてみましょう。

\コインチェック公式サイトはこちら/

コインチェックの口座を開設する

NFTのこれから

ガラケーからスマホに変化したのと同じように、近い将来、誰でも当たり前にNFTに触れる時代がくると言われています。

例えば最近では、InstagramでNFT機能の導入が決まったり、すでに有名企業やスポーツ・エンタメ業界でNFTの技術を使ったビジネスが始まっています。

今後ますますブロックチェーンの技術が進化して、さらに爆発的にNFTは普及すると考えられますよね。

NFTを1つ持ってみるだけで、世界がひろがる♪

NFTに少しでも興味が出てきたら、まずは1つお手頃な価格のNFTを持ってみることをオススメします。

NFTを持ってみることで・・

  • TwitterなどのSNSのアイコンをお気に入りのNFTに替えたくなるかも
  • NFT保持者のみのコミュニティに参加したら、何か新しい発見があるかも

自分で持ってみると、こんな世界があったんだ!と知識が広がって面白いですよ。

NFTは、一度買うことができれば、『ヤフオク』や『メルカリ』のように、カンタンに売買できますし、NFT関連のニュースが目に入るようになるので、いつか大きなもうけにつながることをキャッチできるかもしれません♪

日本でNFTを買っているのは、1万人以下。

これは東京ドームの収容人数の5分の1程度の人数なんです・・

日本国内ではまだまだメジャーではないというのは事実。

やがてやってくる、NFTの大きな波が来た時にうまく乗れるように、先行してNFTの世界にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

≫【公式】コインチェックで口座開設はコチラから≪

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

-NFT