NFT よく読まれている記事 投資・資産運用

【超話題NFT】LLAC(Live Like A Cat)とは?人気の理由や特徴を解説(最新情報あり)

2022年11月18日

LLACとは?のブログ記事アイキャッチ
  • LLACってどんなNFTなの?
  • 自分にも買えるかな?
  • AL(優先購入権)はもらえる?

こんにちは。ゆりは(@yuriha_life)です。

国内外問わず、大注目のNFTプロジェクト『LLAC』

なぜLLACがこんなにも注目されているのか?

人気の理由とLLACの特徴・入手方法など最新情報を解説していきます✨

LLAC(Live Like A Cat)とは

  • コレクション名:Live Like A Cat(LLAC)
  • 発売予定日:2022年12月28日(水)
  • 発売時間:PM12:00~
  • 販売数:22,222体
  • 発売価格:0.001ETH(約200円)※購入時のイーサリアムの相場による
  • 公式:https://llac.fun/official/

LLACは『猫のように生きる』がコンセプトのNFTコレクションです。

ひよ

社会での生き方や働き方に違和感を感じたファウンダーのしゅうへいさんの思いが込められているよ

ゆりは

コンセプトに惹かれてNFTデビューをした、インスタのフォロワーさんもいましたよ✨

しゅうへいさんのnoteでも『思い』が詳しくつづられています!

≫しゅうへいさんnote

LLAC(Live Like A Cat)の特徴

LLACの特徴は以下の5つになります。

  • 運営メンバーが超豪華
  • デザインが可愛すぎる
  • フリーランスの学校が運営の主体
  • コミュニティの規模が大きく盛り上がっている
  • オンラインショップがある
ゆりは

1つずつ見ていきましょう!

運営メンバーが超豪華

主な運営メンバーは以下の3名です。

ファウンダー:しゅうへいさん

デザイナー:猫森うむ子さん

マーケティング:イケハヤさん

①ファウンダー:しゅうへいさん

受講者約2万人のwebスクール『フリーランスの学校』の創設者。

SNS総フォロワー数21万人!

②デザイナー:猫森うむ子さん

Twitterフォロワー数5万人越え!今SNSで注目を集めるデジタルクリエイター。

Amazonとの公式コラボレーション継続中で、 AmazonPayのPRキャラクターとして起用。

③マーケティング:イケハヤさん

時総額40億円を突破、日本を代表する『Crypto Ninjya Partners(CNP)』のセールスマーケティング担当。

SNS総フォロワー数45万人!

ゆりは

超豪華な運営メンバーですね!

『Crypto Ninjya Partners(CNP)』を日本一のNFTに育てあげたイケハヤさんがマーケターとして参加しているのは強いです・・!

もちろん、しゅうへいさんや猫森うむ子さんのマーケティング力も素晴らしいので、LLACの将来性はかなり高いと思います!!

ひよ

こりゃ人気が出そう~✨

デザインが可愛すぎる

キャラクターデザインが本当にカワイイ『LLAC』♡

見ているだけで癒されちゃう可愛さです✨

デザイン担当の猫森うむ子さんのこだわりが詰まっていて、大切にLLACを設計されています。

22種類あるポーズにはそれぞれ意味があり、猫のように生きるヒントが詰め込まれているそうです。

『フリーランスの学校』が運営の主体

引用:https://freelance-gakkou.com/lp/how-to-freelance-2/

LLACはファウンダーのしゅうへいさんが主宰する、webスクールの『フリーランスの学校』が運営の主体となっています。

フリーランスの学校は、フリーランスを目指す人・副業問わず、個人で稼ぐ力を身につけたい人が集まるコミュニティ。

『フリーランスの学校』というすでに大きなコミュニティが作られているLLACは、他のNFTプロジェクトにはない大きな違いです。

ゆりは

NFT発売前から大きなコミュニティがあるのは大きな武器だよね!

わたしも受講しています。

コミュニティが盛り上がっている

2022年11月現在、Discordは一時クローズとなっています。
再開のアナウンスが入り次第、お伝えします💡

LLACはコミュニティが充実していることも大きな特徴。

公式Discordの参加メンバーは、すでに約7,000人を超えています!

≫LLAC公式Discord

ゆりは

このメンバー数は日本NFT界でトップクラス!

  • 公式からのリリース情報
  • LLACの制作企画
  • 参加者同士の雑談

などさまざまなチャンネルがあり、マーケティング戦略やLLACの制作過程が見れちゃいます。

はじめての方は、無理に発言しようとせずに見るだけでも十分楽しめますよ✨

オンラインショップ『またたび屋』がある

NFTリリースに先駆け、オンラインショップ『またたび屋』がオープン

第一弾として、LLACのキャラクターたちのステッカーが販売されました。

ゆりは

ステッカーは大人気で即完売・・!

販売再開は11/19 午前10時から!!

ひよ

限定ステッカーの再販や、新商品の手ぬぐいも発売されるんだって!

決済方法はクレジットカード・GooglePay・ApplePay・ペイパル・ショップペイから選べます。

≫オンラインショップ『またたび屋』

またたび屋SBT会員権配布が決定

またたび屋で1点以上購入した方へ『SBT』の配布が決定しました。

ひよ

SBTってなに??

SBTとは、わかりやすく言うと会員証のこと。

『金銭価値のない・売買ができないNFTのことです。

今後は、買い物額に応じてランク別にSBTを配ることも検討しているそう。

ゆりは

SBTは買い物をした証しになるんだね

オンラインショップ『またたび屋』はオープンしたばかり✨

今後の展開も楽しみですね♪

LLAC(Live Like A Cat)の購入方法

LLAC(Live Like A Cat)の購入方法は以下の2つ

  • AL(優先購入権)をGETする
  • 2次流通で購入する
ゆりは

1つずつ見てみましょう!

AL(優先購入権)のもらい方

みんなが気になるALの情報。

ALの配布についてファウンダーのしゅうへいさんがVoicyで発表しました。

現在のAL獲得者は以下の通りです。

  • フリ校クローズドメンバー (有料コース)
  • フリ校受講者(無料コース)
  • 有料セミナー参加者
  • APPホルダー(抽選)
  • ICLメンバー(イケハヤオンラインスクール)
  • コミュニティ先住猫(立ち上げ当初から参加している人)
  • コミュニティコントリビューター(貢献者・積極的に発言した人)

※11月下旬から12月にかけてAL配布対象者に付与確認ができるようになるそうです。

しかし・・

残念ながら、いまからALを欲しいと思ってもほぼ無理です。

いまからフリ校に入ったり・セミナーに参加しても基本的にはもらえません。

  • AL獲得だけが目的の人に渡したくない
  • LLACをすぐに売ってしまう人の手に渡ってしまうのは避けたい
  • ガチホしてくれるひとにALを渡して、LLACを長く大切にしてほしい

という運営のこんな思いから。

簡単にいうと『馬にニンジン』しないということだそうです。

ALが欲しいから、『コミュニティに参加する』は違うということ。

ゆりは

本当に価値を感じてくれる人を大切にしたいということだね

ひよ

ガツガツしない。まさに『猫のように生きる』

2次流通で買おう

ALはもうもらえない・・でも『LLAC欲しい!』という方は、2次流通で購入しましょう✨

LLACはOpenSea(NFTのデパート)でも購入できるようになります。

OpenSeaはALが無くても購入できますが、2次流通(転売)のためリリース価格よりも高騰する可能性が高いです。しゅうへいさんや、コミュニティの概念に共感できなければ、購入は控えたほうがいいと思います・・。

ただ、価格が2000倍になったCNPは、2次流通で購入した人も利益を出しているので、LLACの将来性に期待するなら2次流通の購入もアリでしょう✨

あわせて読みたい

また、2次流通は購入したいデザインをを選べるので、好みの猫ちゃんをGETできるメリットもあります。

ゆりは

自分が飼っている猫ちゃんと似ていたら欲しくなっちゃうね♡

ひよ

初期ミントはデザインが選べないけど、2次なら選べるから好みの猫ちゃんが見つかるね

2次流通で購入するためにできる3つのこと

2次流通で購入するまでに下記の準備をしておきましょう。

  • しゅうへいさんの情報をチェック
  • メタマスクウォレットの作成(無料)
  • イーサリアムの購入

上記3つは、LLACを購入するために必須です。

しゅうへいさんの情報をチェックする

Twitter・VoicyでLLAC関連の最新情報を毎日発信されています。

ゆりは

未公開情報が『さらっ』と出ているときがあるので 笑

要チェック!

≫しゅうへいさんのVoicyをてみる

メタマスクのウォレット作成

LLACに限らず、NFTの購入には『メタマスクのウォレット』が必要です。

作り方は、『メタマスクウォレット作成方法』の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

イーサリアム(ETH)の購入

余裕をもって0.5ETH(11/18現在価格で9万円)ほど用意しておくと、誰かがmintしたLLACを2次流通で購入できるかもしれません。

年末へ向け、ETHの価格変動がとても激しくなっています。

今からETHを準備するなら、毎日つみたてで準備すると失敗しにくいのでオススメ。

≫忙しい人にオススメ!コインチェックでつみたて

ETHの購入には、仮想通貨の口座が必須です。

NFTを購入するなら、ウォレットへの送金手数料無料のGMOコインがオススメ✨

\無料10分・最短即日取引OK/

GMOコインで口座開設する

詳しくは『GMOコイン口座開設の方法』の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

OpenSeaでNFTを購入する方法はコチラ

NFTを実際に購入するまでの流れを記事にまとめてあります。

≫【はじめてでも大丈夫】NFTの買い方を見てみる

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-NFT, よく読まれている記事, 投資・資産運用